皆の体験談 葬式と納骨について

大切な方の葬儀が終わったら、遺骨をお墓に納骨をしたいと思っている方にアドバイスをしてみました。

皆の体験談 葬式と納骨について

葬儀の納骨について書いてみました。

PAGETITLE
大切な家族の方が亡くなると、お通夜や葬儀を行い故人の供養を行う場合が多いと言われています。葬儀が終わったら、四十九日の法要や一周忌などの年忌を行う場合が多いと言われています。ごく親しい親族間で行うことがほとんどです。以前は遺体を埋葬していましたが、最近は火葬を行うのが主流になっています。遺骨を納骨したいと思っている方が多いと思いますが、四十九日や一周忌の法要が行ってから行うことが多いと言われています。地方によっては、葬儀が終わってからすぐ行う場合もあると言われています。故人のお墓や先祖代々のお墓に納骨室があるので、遺骨を納めることが多いと言われています。まだ、お墓が出来あがっていない場合は、寺院や納骨堂に預かってもらっても良いと思います。

一周忌から三周忌までの間に済ませる場合が多いと思うので、信頼できる地元の寺院などに相談をしてみると良いと思います。初めての葬儀の場合はわからないことが多いと思うので、年長者などに相談をしてみると良いでしょう。お寺に依頼して、きちんと供養をしてもらうようにして、お墓に納めるようにしてほしいです。儀式が終わった後は、親しい近親者や親族で料亭やレストランなどで、供養のために会食をすることが多いと言われています。納める時期は、地域によって違ってくるので専門業者や寺院などに相談をしておくようにしてほしいです。葬儀が終わったら、必ず行わなければならないので事前に調べておくことが大切です。

最近は、少子高齢化の影響などが原因で、家族葬を行う方が増えています。従来のお墓を持たない家庭も増えているので、最近は、樹木の下にお骨を納める樹木葬などを希望されている方も増加傾向にあると言われています。形式にとらわれない葬儀を希望している方が増えているので、故人の遺志を尊重して心をこめて行うことが大切です。遺族の方できちんと話しあって、行う時期を検討しておく必要があります。

おすすめ情報