皆の体験談 葬式と納骨について

葬儀はお別れの挨拶として行われ、供養から火葬、亡くなった49日後に納骨の儀式を行うのが一般的に至ってのこと。

皆の体験談 葬式と納骨について

葬儀は一般的に最終過程で納骨の儀式が行われる

PAGETITLE
人間には誰しもが生まれながらにして、やがて最終的には死という傷ましい過程で人生を終わられる過程となって成り立っています。その死を過程に亡くなられた人間の葬儀、いわゆるお別れの儀式が納骨に至ってまで行う過程が一般的に行われています。一般的に葬儀の始まりは夜に行われるお通夜、翌朝に行われる告別式、そして火葬場へ行って亡くなられた人間を火葬して、亡くなられた人間の骨を坪に納める儀式を行われます。

そして葬儀場へ帰って初七日を行い、一旦葬儀が終了される。その49日後、納骨を行う過程が葬儀の行う流れとして成り立っている。葬儀では遺族様は喪主を始め、親戚や友人などが訪れてお焼香、供養が行われることが一般の葬儀の流れとなっています。昔は葬儀が終わった後、その7日目に初七日の儀式が行われ、更に亡くなった49日後に納骨の儀式という過程で行われていた。最近では初七日は火葬が終了した直後に行われています。

葬儀では数回、お焼香が行われることになっています。葬儀場では遺族様が涙を流しながら供養、特に告別式終了後の棺の中に花などを供える儀式を行う時に親族様は涙を流す傷ましい流れになってしまうことが多い。葬儀の流れとしてはその時、その時となって何回かにお焼香を行うしくみになっています。納骨は今後のお墓参りとして行う、いわゆるお墓の中に納めるしくみになっており、その儀式はお線香を差し上げることを中心に行われています。

おすすめ情報