皆の体験談 葬式と納骨について

火葬や納骨には許可が要り、葬儀と同時に準備を進めなくてはなりません。きちんとこなして故人を送りましょう。

皆の体験談 葬式と納骨について

火葬や納骨の手続きは葬儀の準備と同時進行で

PAGETITLE
身内が亡くなり葬儀の準備をする時に、同時進行で様々な書類手続きを行う必要があります。火葬や埋葬にも許可証が要るからです。遺体の埋葬は現在、原則として火葬にすることが法律で決められています。そのため、火葬を行うのには役場の許可が必要になります。また、火葬後の納骨にも許可が要ります。骨にしてしまえば後はどのように埋葬しても良い、という訳にはいかないのです。

火葬許可証は、市町村役場へ死亡届を提出する時に申請します。許可証の交付を受けたら、火葬の時まで紛失しないよう保管しておきます。葬儀会社が遺族の代理で死亡届を提出した時は、葬儀会社が代わりに火葬許可証を保管してくれる場合もあります。当日火葬場へ着いたら、まず事務所へ許可証を提出します。許可証がないと火葬が出来ないので、重要な手続きです。火葬が無事に済むと、日時などが記入され遺族に返却されます。返却された火葬許可証が今度は埋葬許可証になります。許可証がないと納骨できないので、当日まできちんと保管しなくてはなりません。納骨までは間があることも多いので、紛失しないように気をつけます。

納骨当日、埋葬許可証を墓地の管理者に提出します。きちんと手続きを踏むことで、誰がどこに埋葬されているのかがしっかり管理されるのです。葬儀の準備はやらなければならないことが多く、慌しいものです。そんな中で書類手続きをいくつもこなすのは大変ですが、葬儀会社などに手助けしてもらいながら、きっちり手続きを行って故人を気持ちよく送りたいものです。