皆の体験談 葬式と納骨について

私が住んでいるところの葬儀の後の納骨は四十九日に身内だけで行っています。遺骨をお墓に納骨します。

皆の体験談 葬式と納骨について

私の住んでいるところの葬儀の後の納骨

PAGETITLE
人が亡くなってから葬儀を行います。その時に火葬場で遺骨になったものを仏壇に置いています。それをいつ納骨するのかというと、私の住んでいる地域では、四十九日の時に納骨していました。これは地域によって違うようです。すぐに葬儀の時に納骨をされるところもあったり、お寺に預けたりする場合もあります。それぞれの地域に合った対応を葬儀屋さんが言ってくれると思います。だからもし知らなくても焦らなくても大丈夫です。

四十九日になると身内だけが集まります。葬儀とは違って、納骨は身内だけで行うところが多いようです。それでお墓でに行って、納骨式を行うようになっているのです。そして私のところでは骨壷をそのままお墓に入れていました。場合によっては、骨壷をあけるところもあるようです。骨壷に入れないで白い布に入れるところもあるようです。それも地域によって違いがあるようですが、わからなくても教えてもらえると思います。そして最後にきちんと僧侶にお布施をお渡しするのを忘れないようにしなければいけません。

また遠方から来ている方にも交通費をお出しすることも必要だと思います。四十九日でなく最近では初七日に納骨をされる地域も多くなってきています。もっと早いもので葬儀の時に納骨をするところも多くなってきています。最近では時代によって地域によってちがってきているようです。身内の方の都合もあると思うのでそれぞれにあった日に納骨をするといいと思います。

おすすめ情報